3度目のハロアルを終えて思うこと

3度目のハロアルを終えて思うこと

羽尾歯科医院 春日山 院長 羽尾 博嗣

みなさまのおかげで今年も無事に3回目のハローアルソンフィリピン歯科医療ボランティア活動に参加して来ることができました。「3回目の正直」ではありませんが、
3回目の参加で私が心に感じたことを3つみなさまにお伝えしたいと思います。

●両親、スタッフから頂いたお守り

今年は、歯科医院のスタッフ達が一針一針糸を紡いで「お守り袋」を作ってくれました。私には一生の大切な宝物になりました。その中には厄除けとしてのパワーストーン(天眼石)が入っておりました。両親からもらった「無事カエル」のお守りも入れて持ってゆきました。

  

そのお守りのおかげで、行きも20年振りに降った成田空港の大雪も避けることができ、帰りも雪の影響で飛行機が2時間遅れる中、3分前に最終のバスに乗ることができ、無事上越に帰ってくることができました。

この会の会長の林先生が「ボランティアにはボランティアの神様が皆さんについているから、失敗などはない。それは、プラスへのチャンスであり経験でありプロセスである。」と話しておられましたが、今回のこの幸運もまさにそのことを表現しているのだと思います。

●高校生との歯科医療活動

このボランティアの大きな特徴の一つが「高校生と協力して行う歯科医療」です。ただ、今まではお互いが緊張していたり照れがあったりなかなかコミニケーションをとることができませんでした。

    

しかし、今回は高校生ミーティングの内容が変わり、高校生一人一人が歯科医療活動について一言コメントをしてくれました。その中で私に対するコメントもあり、「歯医者さんは怖いイメージがあったが羽尾先生は、医療活動中に「ニーハオ」とか「ドントウォーリー・ビーハッピー」とか、面白いことを言って怖がるフィリピンの患者さんを笑わせていたので、歯医者さんのイメージが変わった。」と褒めてくれ、それを聞いた私も3回目の参加にしてこの活動を通して自分に自信が持てました。ありがとうございます。

 

●フィリピンから帰国して、日本のマスコミを見て感じた思い

日本に帰国してから見たテレビは、ソチオリンピックの日本選手の活躍ぶりをたたえる放送が殆どでした。しかし、その下のテロップには「無職の男がアパートに放火」の文字の内容。新聞には、東京都知事決定、しかし、その下には週刊誌のゴシップ記事の広告・・・ゴシップやマイナスをあおる記事は人間は防御本能的にどうしても見てしまうもの。ただ、そのマイナスイメージは脳に記憶として残り、その後の言動や考え方にマイナスに影響してしまうと思います。

   

少なくともフィリピン歯科医療ボランティアを行っていた4日間は、私にはそんなイメージは全くなく、恵まれないフィリピンの人たちのために「ピュア」な気持ちでプラス思考でみんなと一緒に言動できていたのだと思います。そう感じる中で私の頭の中には、『「真の豊かさ」とは世界中が「知っている」のに世界中が「感じない」豊かさなのではなかろうか』という思いが浮かんできました。

 

最後に、私は毎年、ハロアルの活動写真を使いプロモーションビデオ(PV)を作ることを楽しみとしております。その動画に使用する今年のBGMの歌詞を参加してくれた高校生に贈ります。完成作品を見てみたい人は、私に一声かけてください。

 

「糸」 作詞・作曲:中島みゆき 

なぜ めぐり逢うのかを  
私たちは なにも知らない
 

いつ めぐり逢うのかを
私たちは なにも知らない  

どこにいたの
生きてきたの
遠い空の下
ふたつの物語

縦の糸はあなた
横の糸は私  
織りなす布は いつか誰かを  
暖めうるかもしれない

  

なぜ生きてゆくのかを  
迷った日の跡のささくれ  

夢追いかけ走って  
ころんだ日の跡のささくれ

こんな糸が、なんになるの
心許なくてふるえてた風の中

縦の糸はあなた
横の糸は私  
織りなす布は
いつか誰かの  
傷をかばうかもしれない

縦の糸はあなた
横の糸は私
逢うべき糸に
出逢えることを
人は「仕合わせ」と呼びます

  

また、来年も一緒にピュアな気持ちで熱く活動しましょうd(^-^)ネ!(はおっこマジックショー付き)

今年も行ってまいります。

羽尾歯科医院 春日山 院長の羽尾です。
今年も2月7日から4日間、3回目のハローアルソンフィリピン歯科医療ボランティアに行ってまいります。
今年も無事にボランティアにいけることにみなさまのおかげと感謝し、みなさまから預かった歯ブラシ、タオルをしっかりと届けてまいりたいと思います。
出発に当たり、私と同い年で今回のボランティア活動の団長であります栃木県開業の関口 敬人先生(今年で10回目の参加!)の手記から私の心を熱くした文章を抜粋してご紹介させて頂きます。



~人間は誰しもが、「自分は幸せになりたい」 「豊かな暮らしをしたい」そう願います。そして、自分を中心に親や子供、恋人や友人知人、身近な人になればなるほどその思いが強くなり、逆に遠くになればなるほど水面に浮かぶ波紋のようにその思いは薄れてゆきます。
それは当たり前の感情でそれだけを悪と決めつけることはできません。私自身も心の中に同じような感情を抱いて生きています。

しかし、十年前、あのスラムの地で子供たちはわずか五歳にして学校にも通えず、ゴミの山の中からお金に換金できる物を拾いながら家計を助け、活動中、私たちが食べ残し、捨てられたお昼の弁当に我先と群がり、歯を抜いた後にもらえるたった数錠の薬を、自宅に横たわる具合の悪い母親のために自分の歯を全て抜いても良いからもっと薬が欲しいと懇願する子供たちと出会いました。

私は泣きました。自分の子供と同じくらいの幼子達のあまりにも過酷な姿。

涙で視界がぼやけるのを何とか拭いながら一人一人治療をします。そして「もう大丈夫だよ」と、子供とは思えぬほどの泥と垢にまみれ、ごつごつとした硬い小さな手と握手を交わします。
それでも「先生ありがとう。」 「私、大きくなったらデンティスト(歯医者)になるわ、と皆さんから頂いた歯ブラシを、嬉しそうに持ち帰る小さな女の子笑顔が忘れられません。
それは鉛筆もノートもなく、教育さえも受けられない子供たちにできることは、目の前にいる私たちに憧れることしかできない本当に儚い夢でしかありません。



私はまた泣きました。泣けてくるのです。


そして、何もない、生きることこそが夢と語る彼等と出会い、流した涙が、私の心に積み重ねられた「何か」を洗い流してくれました。



「人」という時は二人の人が支え合うように見えますが、見方を変えると大きい人を小さい人が下から支えるようにも見えます。私は歯科医師として、一人の人間として、この医院を、この活動をそんな小さな人になることを目指そうと誓いました。

帰国後は数千枚の写真と資料をまとめ、皆さんに今年の活動を心からの感謝の気持ちを込めてスタッフ全員で壁新聞、報告集を作らせて頂きます。これからも末永いご協力を宜しくお願い申し上げます。~

このように全国から参加して頂ける素晴らしい歯科医師の先生方とボランティア精神にあふれた32名の高校生達と張り切って、そして笑顔でフィリピン歯科医療ボランティア活動に行ってきたいと思います。

 

クヨクヨしない脳を作るには?

 歯を診ることを仕事としていると、自然とその近くにある脳にも興味がわいてきます。
 最近、そんな脳生理学関係の本を読んでいて、面白い内容がありましたのでご紹介します。
 職場や子育てのシーンでお役に立てば幸いです。

 私たち人間の心もカラダも脳に支配されています。
 最近の脳科学研究では、脳の仕組みがずいぶんと明らかになってきています。
 ここでは、クヨクヨしない脳を作るために、知っておくべき脳の仕組みを3つご紹介します。

1.脳は、現実なのか想像なのかを区別できない
   梅干しやレモンを想像しただけでだ液が出るように、イメージしただけで、人間の体は反応するのです。
  つまり、人から言われた嫌な言葉や出来事を思い出さないことが、カラダにもいいということです。

2.脳は主語を理解できない
  脳は人に対して言っている言葉も、自分のこととして解釈してしまいます。
  つまり、人に対して悪口や不満を言うとき、脳は自分のことを言っているものだと受け取ってしまうのです。相手をほめるときも同じです。

3.脳は否定形を理解できない
  たとえば、「ケーキは絶対にいイメージしないで下さい」と言われたとき、あなたの頭には何が浮かびましたか?「イメージしないで下さい」と言っても、「ケーキ」が浮かんでしまったのではないでしょうか?
  私たちの脳は、否定形の前に来る言葉に反応してしまうものなのです。
  これを応用すると、人にアドバイスするときには「こうしないほうがいいよ」というよりも「うまくいくには、こんなふうにやってみたらいいよ」と伝えた方がいいと言うことです。

 いかがでしょうか?
 自分の脳をコントロールしてみませんか(笑)

失敗から学ぶ

 開業して、5年が経つと先輩の活躍?を一目見ようと、新潟大学から後輩達が羽尾歯科医院 春日山に見学に来ます。

 そのときに私がお話しすることは、
 「羽尾歯科医院 春日山のスタッフの「優秀さ」を見ていってください」
 「私の「失敗からの学び」を感じていってください」
ということです。

 そうはいっても、仕事上の失敗や、人間関係の失敗は、立ち直れないぐらいのダメージになることもあります。
 ですが、それも、考え方一つです。
  ナポレオン・ヒルという人は、『ある仕事に三度失敗してそれでもあきらめないなら、あなたはその道で指導者になれる可能性があるといってよいだろう。十回以上失敗して、なお努力を続けられれば、あなたに心には天才が芽生え始めている』と述べています。

 

おかげさまで5年を迎えることができました。ありがとうございます。

羽尾歯科医院 春日山は、4月23日でまる5年を迎えることができました。
みなさまに感謝いたします。
朝の朝礼では、スタッフからのサプライズがあり、ステキな色紙と花束と笑顔のプレゼントがありました。(~^T)ジーン 
本当にありがとう!
今日のこのメンバーの幸せのためにこれからも「30年間あなたの歯を削らない、減らさない」夢を持った歯科医師でありたいと思います。


最高の笑顔と思いやりを持ったスタッフです。(^o^)



私の好きなカラー「ブルー」の入った花束を頂きました。生花からはパワーをもらえますね。



5年の記念にチェアのシートを貼り替えました。「ふっかふかシート」です。1日目で5人の患者さんに「先生、シート変えた?気持ち良くて眠くなりそうですね。」と気付いてもらえました。
みなさん、羽尾歯科医院 春日山に眠りに来てください(笑)
患者さんもスタッフも双方が癒されるそんな「癒しの空間」としての羽尾歯科医院 春日山をこれからも作り続けてゆきたいと思います。




それにしても、35歳を過ぎると涙腺がゆるくなりますね。(T-T) ウルウル
みんな、本当にありがとう!