私が実際になめて分かった!👅ドライマウス対策のマウスウォッシュ!ベスト3

みなさんこんにちは。
入院してから、半年が経ち、術後の病気自体の経過は順調ですが、治療による副作用がいまだに続いております。

気になる副作用順に、倦怠感、味覚障害、口腔乾燥症(ドライマウス)です。
特にドライマウスは、不快感、しゃべりづらさだけではなく、唾液分泌の減少により、虫歯、歯周病、舌の痛み、口腔内カンジダ症、口内炎を引き起こす原因にもなり、歯医者さん分野でもかなりやっかいな病気です。

治療方法といたしましては、原因除去療法が難しい場合、対処療法として水分摂取、マウスウォッシュスプレーのこまめな利用などの対処療法が主となります。

私も、退院後のドライマウスに悩まされ、自分の好みに合うものを探すため15本ほど市販のマウスウォッシュスプレーを試してみました。(実は、病院で処方されるマウスウォッシュスプレー関係は、激マズでしたもので💦)

その中から私の独断と偏見で「ベスト3」をご紹介しますので、ドライマウスでお困りの方はぜひ購入して試してみてください。

お口の中が結構ラクになります。

紹介したものはすべてアマゾンで購入できます。

第3位:GUMお口・のど 殺菌スプレー
ほど良い甘みと、ミントのすっきり感があります。
淡い苦みがありますが、その分、殺菌効果もあります!
小さいので携帯に便利です。

第2位 バトラージェルスプレー
粘度があるので、お口に停滞しやすいです。
味は甘めで、ミント感はあまりありません。

ジャジャーン!
第1位:モンダミン マウススプレー

第2位と3位のいいとこ取りです。
淡いレモンの味と甘みがあります。味は、私の好みの味でした。

口臭予防にもなりますので、普段から口呼吸気味でお口が乾きやすい方にどうぞ。

夜間お口の乾く人にも、起きた時に使ってみてください。

日中の気分リフレッシュにも使えます。

コロナでマスク生活の昨今、口呼吸になりがちでお口のトラブルも起きやすくなっております。ドライマウス、口腔乾燥症が原因で起こることも多いので、そんな方は一度お口を潤すマウスウォッシュスプレーのご使用をお勧めいたします。

もちろん、私のように副作用や闘病中でお口の乾燥にお困りの方もお試しください。

2022年も院内セミナー開催します!

昨年は、コロナ禍や私の入院もあり、歯を守るための院内予防歯科セミナーをお休みしておりましたが今年は6月より全5回シリーズで開催致します!

今回は、昨年の私の闘病中の私自身の口腔ケアから学んだ体験談のお話しもスライドにとりいれました。

がん闘病中も口内炎を一度も発症しなかったそのノウハウをみなさんにご提供致します。

乞うご期待下さい。

お手数ですが、プレゼントの用意もありますので前日までにお電話にて予約のほどよろしくお願い致します。

「講演会始め」に際しまして、熱いアツアツのメッセージを語ってまいりました(ハンバーーーグ‼)🍴

みなさん、こんにちは。
県立直江津中等教育学校にて、今年の「講演会はじめ」を行ってまいりましたた。対象は、中学一年生の生徒さんです。

タイトルは「歯医者さんは、なぜ海外ボランティアに行ったのか」です。

歯の予防のお話と言うよりは、人生の先輩として、なぜ私が歯科医師という職業を選択したのか、なぜ、フィリピンでの歯科医療ボランティアに参加するようになったのかという内容が中心の講演会でした。

まず、「しごと」についての考え方について。

「しごと」と「職業」をごっちゃにしないでね、と言うこと。

あくまで、「職業」は「しごと」と言う目的を達成するための「手段」であると言うこと。

ごっちゃにしてしまうと、「職業」に就くことが目的になってそこで終わってしまうパターンも多いのです。
その先を見失ってしまうことも多い。

そのようにならないためにも、

私の今までの人生を紹介しながら、多感な10代のときに「肌で感じること」の大切さをお話ししてきました。

世界には、自分の知らない世界が、価値観が、文化がいっぱいあります。

そして、その経験があなたの可能性を広げます。

人のために役に立つと言うことは、人間の生きる本質なのかもしれません。

今回は、まとめのスライドに、

私の昨年の夏の入院と患った病気のお話しもしました。

私自身、初めてのつらい経験でした。

マイナス思考のスパイラルに入り、肉体的にも精神的にもやられました💦

病室でハロアルの写真を見たときでした。

笑い顔を作るだけでも、笑うふりをするだけでも脳にはセロトニンというプラス思考の幸せホルモンが出てきます。

この「笑顔」はどうかと思いますが。
それぐらい、病室にいるときは笑えなかった…でも、無理にでも笑顔を作ってみました。

今、つらい状況にある人も、命を取られるわけではないのですから開き直って「笑えば」いい。

笑えない環境にいるのならば、そこから逃げて場所を変えて、笑える、笑顔になれる場所を見つけて、ひとり声を出して笑えばいい、笑うふりだけでもいい。

そして、ちょっと元気になったら、自分のできる「人を喜ばせること」や「人の役に立てること」を見つけて、小さなことでいいからチャレンジしてみてください。

「支えあいの心」を大切に、忘れずに。

私は、歯科界の中村哲医師のようになります。

がんからもらった、おまけの人生
フィリピンに「歯ブラシセンター」を作りたいと思います✨

2022年診療開始!今年の目標と抱負

みなさま、あけましておめでとうございます。

2022年の私の抱負を羽尾歯科医院 春日山の診療目標と共に述べさせていただきます。

羽尾歯科医院春日山が存在する意味、目標、理念は、院長である私の存在する意味、目標、理念と一致します。

私の歯科医療を行う上での理念、
目標はひとつ、

歯を「なおす」から「まもる」へ
です。

その理念、目標を達成するためには、その手段として
「歯のメンテナンスあっての歯の治療」
と言う考え方がとても重要になってきます。

患者さんも診療を行う私たち側の何も意識しないと、
これとは逆の
「歯の治療あっての歯のメンテナンス」の考え方に私たちも含めみなさんがとても陥りやすいのです。

それはなぜか。

まず、ひとつ目の理由として

①歯科医師も、歯科衛生士も学校の授業で「治療あってのメンテナンス」を教科書的に当然の事として習ってきていると言うことです。

いわゆる、早く病気を見つけて、「治療」を優先して先に行ってから、虫歯にならないようにメンテナンスに来てくださいね、の繰り返し。

一瞬、正解のようですが、このことは実は間違いなのです。

そしてふたつ目の理由として

②日本の公的医療保険制度が、病気になってから(病名がついてから)保険給付が行われる「疾病(しっぺい)給付型」であるという事です。

このシステムによって、私たちも患者さんも「何か病気になってから、医者、歯医者に行く、来てもらう」と言う考え方に陥りやすい事になります。

歯医者で言うと、この事は、虫歯になってから来ると歯は削られる、歯周病で揺れてから来れば抜歯になりやすいという事。

治療中心、治療優先では歯の寿命は歯医者に来るたびに縮まってゆきます。

以上の2つの理由から
医療従事者も患者さんも「治療」が先にあって(「治療」が重要であって)「予防」と言う考え方が定着しない、「メンテナンスあっての治療」と言う考え方も定着しづらいわけです。

では、これらの固定観念(価値観)の壁を打破して
「定期予防メンテナンス型歯科医院としての羽尾歯科医院春日山」を
定着させるには、どうしたら良いのか。

それは、
羽尾歯科医院春日山の私たちと患者さんとの「価値観」をすり合わせてゆくことが大切です。

そのために、
信頼関係構築のための会話やコミュニケーションが、重要となってきます。

自分の歯を守るのは、みなさん自身です。
あくまで私たちは、そのサポート役に過ぎません。

今年からは、
患者さんとの「コミュニケーション」や「会話」を大切に歯のメンテナンスを行なってゆきたいと考えております。

みなさま今年もよろしくお願いします。

さらに、保育園でも講演会を行いました。

先生も、西へ東へ走り回る「師走」。
みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

私も、先月に続きまして今回は上越市さんからの依頼で市内の保育園で親御さん向けの予防歯科講演会を行ってまいりました。

みなさん真剣なまなざしです。
実は、私は虫歯が多い子供でした
(;^_^A アセアセ・・・
実は缶コーヒーには、角砂糖4個分も砂糖が入っているのです。
虫歯は、自然に治りません。小さい虫歯も放っておくと、ばい菌が顎の骨まで感染を引き起こします。
貧しく歯医者さんにいけないフィリピンの子供たちは、虫歯で命を落としてしまう事もあります。
小学校の時の予防歯科の習慣が、その後の永久歯の運命を寿命を大きく変えるといっても過言ではありません。
生え立ての永久歯は、約1年間やわらかく虫歯になりやすいのです。
歯医者さんでのフッ素塗布で歯を早く硬くしてあげましょう!
永久歯は、一生ものです。歯の寿命を左右するのは、子供の頃からの予防歯科の「習慣」です。
健康な永久歯は、お子さんの成長、小学校生活の様々な事に良い影響を与えてくれます。
歯ブラシの後のうがいは、少な目に!
お口の中に歯磨き粉の成分を残して予防歯科力アップです!
歯医者さんに歯が痛くなってからいくと、歯がいっぱい削られちゃいますよ。
痛くならないように歯のクリーニングで通って、一緒に虫歯も予防してもらいましょう。
お子さんが小さいうちは、お父さん、お母さんがお子さんの大切な歯を守ってあげて下さい。

そのためにも、かかりつけ歯科医院の歯科衛生士さんと仲良くなりましょう!
歯のことで、疑問に思うことは何でも聞いてみて下さい。

それでは、みなさん良いお年をお過ごし下さい。